このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
東京大学理科一類受験(現役で東京大学理科一類に合格しました。東京大学二次試験では理科は116点/120点で、物理、化学には絶対の自信があります。数学も得意ですので指導可能です。偏差値。合格体験記) 東大受験掲示板
日時: 2012/09/10 10:34
名前: 東京大学理科一類受験

東京都の家庭教師(渋谷区、新宿区、目黒区、世田谷区、中野区)
http://kateikyobb.exblog.jp/17952192/

(*)家庭教師番号= 51966
(*)性別: 男性
(*)年齢: 19歳
(*)大学名: 東京大学
(*)学部名: 理科一類
(*)学年: 2年
(*)住所: 東京都渋谷区代々木
(*)教えたい学年: 中1〜高3 
(*)教えたい教科: 物理、化学、数学、英語
(*)通勤範囲: 渋谷区、新宿区、目黒区、世田谷区、中野区。その他も場所によってはお受けします。応相談。
(*)通勤方法: 自転車、電車
(*)希望する時給(小中学生対象): 3000円
(*)希望する時給(高校生対象): 3000円
(*)自己アピール: 灘中学・高校卒業し、現役で東京大学理科一類に合格しました。二次試験では理科は116点/120点で、物理、化学には絶対の自信があります。数学も得意ですので指導可能です。家庭教師の経験があり、今年一人、志望校に合格させました。勉強だけではなく可能な範囲で相談などにも乗ります。


<メッセージ>
自分は中学受験で灘中学に入学し、そのまま6年間灘校で過ごし、今は東京大学理科一類に在籍しています。
灘校は中学・高校は有名で すが実際どんな校風なのか、他の学校と何が違うのか気になる人も多いと思います。
灘の基本理念は「責任のある自由」です。自分が責任を負う範囲で何でも自由にしてもよい。そのため校則や制服はありません。教師も滅多なことでは生徒に口出しをしてこないので、のびのびと過ごせます。
また、入学試験を経てきているだけあって自分の周りの人の頭がいい、というのも特徴だと思います。勉強だけではなく頭の回転が早い人が多いので、自然と自分もそれに混ざれるように引き上げられていきます。もちろん勉強の面でも、自分より常に上の人がおり、目標やライバルには事欠かない環境でした。

そんな中で6年間過ごしなぜ東大に入ったかは、初めは「皆が行くから」でした。どうせなら一番上 を目指そう、周りも東大って言ってるし、程度です。中三のころで、大学受験についてはこのままなんとなく過ごしてたら東大いけるのかな程度の認識でした。しかし高校生になり模試を色々受け、東大の形式が自分に一番あっている(点が取りやすい)、自分は将来の夢がまだないから学部が今は決められないという理由で東大に決めました。

高2の頃数学や英語は教師がよかった(指導が自分にあっていた)こともあり成績を維持してましたが、テストのたびに知識を付け焼刃で足していく理科(物理、化学)の成績は下がっていき、これではまずいと思い自分で何とかしようと考え始めました。
自分は化学より物理が嫌いだったので物理から先に仕上げ、化学はその間にちょくちょくやりながら高3から本格的 に仕上げていきました。
問題集はどちらも重要問題集を使っていました。とりあえず解答見ずに一周して分からなかった問題や時間のかかった問題にチェックをつけておき、2周目以降、チェックのついた問題が出来るようになるまで何周でもやる、という風なやり方でした。
こんな風に、きっちり詰めていくことができたのが自分の一番の勝因だと思っています。

一般的に東大二次試験の形式の問題は、英語・国語は点数は安定はするが高得点は狙えない、数学は問題に寄って点数の変動が大きい、とすると安定的に高得点を狙えるのは理科です。その中でも物理が一番のねらい目だと思っています。
大学受験の物理は、難しすぎると解けなくなるためある程度のレベルまでしか出ません。すると必然 的に問題がパターン化してきます。そこを狙って高得点を取ると合格にぐっと近づくと思います。極端に言えば、理科で満点を取ればあとは英数で半分取るだけでいいわけですし。
しかし一番の合格の秘訣は、楽しむことだと思います。僕は人と点を競うのが好きだったので模試などは全く苦にならず、他大の物も受けられるものは全て受けていました。
たとえ他大の模試でも満点を取れない以上得るものはありますよね。
人と競争することに限りませんが、何かしら楽しみを見出せる人は強い、と僕は思います。

東大生になって一番思ったことは、大学は高校の延長ではないんだな、ということです。
真面目に授業に来る人もいれば全く来ない人もいるし、教師はそれを咎めもしない。前期教養は 試験で点さえ取れればいいという考えが根強いです。僕はそれはあんまり好きではなく、どうせお金を払うんだったら色んな授業聞いたほうが得だ、と考えて(貧乏人みたいな発想ですが笑)色んな授業に出て話を聞いていました。
授業にしろそれ以外の活動にしろ、楽しくできるかどうかは自分次第です。自分なりに精一杯やって楽しく過ごせたら一番いいのではないか、と僕は思いますが。


と、長々と書かせていただきました。
最後まで読んでいただきありがとうございました!


------------------------------

上記の家庭教師さんへの御依頼を希望の方は、家庭教師番号をご記憶の上、
下記の家庭教師紹介サイトからお入り下さい。
(既に上記の家庭教師さんが決定済みの場合もあります。あらかじめご了承くださいませ。)


「家庭教師 紹介サークル」
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/katei.html

家庭教師の紹介(派遣)をしてほしい方や、家庭教師(無料登録)をしたい大学生のためのページ(個人契約、直接契約)です。紹介ページリストの中から、お気に入りの家庭教師(大学生、男性、女性)を自由に選ぶことができます。
学校の補習(予習、復習;算数、数学、英語、理科、国語、社会)、定期テスト対策や、受験対策(中学受験、高校受験、大学受験)、夏休み、冬休み、春休み指導など、お子様の御希望に合わせてお選びください。
特に、受験生の場合、志望校が決まっているようでしたら、その学校の出身者(あるいは在校者)の家庭教師なら、受験指導の他に、偏差値や入試問題の特徴や体験談や勉強法のアドバイス、さらには、校風や評判や学費(授業料)といった情報も教えてもらえるかもしれません。



------------------------------


東京大学の受験情報 掲示板(受験勉強法や日程や入試問題)
http://makingsense.sakura.ne.jp/uni-juken/todai.html
[1347240867-1.jpg] [1347240867-2.jpg]
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧