このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
藤堂具紀「最新型ウイルスでがんを滅ぼす」G47Δ(デルタ) ウイルス療法とがん治療の掲示板
日時: 2012/09/30 20:25
名前: G47Δ(デルタ)

(*)AERA 10月8日号(2012年10月1日発売)
がんを殺す最強兵器G47Δ 世界最先端のウイルス療法、最短3年で実用化

------------------------------


(*)藤堂具紀「最新型ウイルスでがんを滅ぼす」
http://amzn.to/QP3QWh
抗がん剤と放射線の副作用に苦しむがん患者。致死率百%のがんと闘う医師が開発した夢のウィルスG47 が未来のがん治療を変える!

第1章 革命的がん治療“ウイルス療法”
第2章 致死率100%の悪性腫瘍との闘い
第3章 がんを殺すメカニズム
第4章 G47Δ開発までの道のり
第5章 G47Δを、一日も早く患者さんのもとへ
第6章 がん治療の未来

 東京大学医科学研究所先端医療研究センターの教授を務める著者(藤堂具紀)は、これまで完治する見込みのなかった悪性脳腫瘍に効果的な治療用ウイルスの開発に成功した。
「G47Δ(デルタ)」と名づけられたそのウイルスは、決して特殊なものではない。成人のおよそ8割の体内に存在し、免疫力が低下した時などに口唇ヘルペスを発症させる。
 そう、単純ヘルペスI型ウイルスのことだ。
 ウイルスは、細胞を破壊しながら増殖して感染を広げる。その性質を遺伝子操作し、正常細胞は破壊せず、がん細胞にだけ作用するウイルスを完成させたという。
 開発までの道のりや、世界のウイルス療法の現状など、最新情報とともに解説する。
(文藝春秋 880円)


------------------------------

(*) G47Δ - TR推進センター - UMIN
http://trac.umin.jp/hospital/ct/G47Delta_QA.html

進行性膠芽腫患者に対する増殖型遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスG47Δを用いたウイルス療法の臨床研究に関するQ&A

Q1 : 文部科学省「革新的ながん治療法等の開発に向けた研究の推進(がんトランスレーショナル・リサーチ事業)」について教えてください。
Q2 : 文部科学省「橋渡し研究支援推進プログラム」について教えてください。
Q3 : この治療法は遺伝子治療なのですか?
Q4 : 米国で臨床試験に使用されたG207とこの臨床研究で用いるG47Δの違いを教えてください。
Q5 : 腫瘍溶解性ウイルスについて教えてください。
Q6 : 大学施設で製造された初めての臨床用ウイルス製剤とのことですが、もう少し詳しく教えてください。
Q7 : この臨床試験に参加するにはどうしたらよいでしょうか?
Q8 : 東大病院以外でもこの治療を受けられますか?
Q9 : 同時に何人も治療を受けることが可能ですか?
Q10 :  製薬企業との共同開発ですか?
Q11 : 安全性の確認が主な目的とのことですが、治療効果は見ないのですか?
Q12 : 今回の治療で、病気が治ることが期待できますか?
Q13 : 治療の実際について教えてください。治療は入院して行うのですか?
Q14 : G47Δが他の患者や医療従事者に感染して予期しない病気になったりしませんか?
Q15 : G47Δが変異して恐ろしいウイルスになることはありませんか?
Q16 : 今回の治療で、何年もしてから副作用が出たりすることがありますか?


------------------------------


(*)「治療と予防」
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報



------------------------------


<医学書>
http://amzn.to/O8ir2W

内科学,外科学,産婦人科学,小児科学,眼科学,耳鼻咽喉科学,皮膚科学,泌尿器科学,精神神経科学,画像診断,放射線科学,麻酔科学,検査医学,手術医学,救急医学,輸血医学,集中治療医学,リハビリテーション医学,スポーツ医学,東洋医学,総合診療医学,解剖学,医化学,生理学,生化学,薬理学,病理学,微生物学,寄生虫学,免疫学,実験動物学,放射線生物学,医用工学,腫瘍学,遺伝学,神経科学,生命科学



http://amzn.to/QP3QWh
[1349004318-1.jpg] [1349004318-2.jpg]
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧