このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
身の回りで使われているアルミニウム・銅の歴史と実例
日時: 2016/03/15 21:03
名前: アルミニウム・銅の歴史と実例

・「私の事典」
http://d.hatena.ne.jp/mydictionary/

・「意味」
http://wakeariblog.wordpress.com

------------------------------


<アルミニウムの歴史>
 アルミニウム(Aluminum)は地球上で酸素、珪素に次ぐと3番目に多い元素なのですが、アルミニウム元素は結合力が強いことから、ほとんどが化合物として存在し、アルミニウム単体として存在することがなく、アルミニウム単体の発見は電気分解が発明されてからです。
 天然のミョウバンはアルミニウムを含んだ白色の物質で、白礬(はくばん)とも呼ばれ、タンパク質の性質を変化させ血管などを縮める作用(収斂作用)や殺菌作用を持っていることから、止血剤や鎮痛剤などの医薬品として古代ローマ時代から使われてきました。また、化粧品や染色剤、消火剤、皮なめし剤、不純物を沈殿させるなどの用途もあります。

1761年に(L. B. G de Morveau)はミョウバン(alum)に含まれる未知の物質をアリュミーヌ(alumine)と呼ぶことを提唱しました。
1782年フランスの科学者ラボワジェ(Antoine Laurent Lavoisier質量不変の法則で有名)は明ばん石には結合力が強く、還元が難しい未知の金属元素が含まれていて、それが酸素と結合して出来た物質(酸化物)が明ばん石であるとの仮説を発表しています。
1807年にハンフリー・デービー(Humphry Davy英)は水素気流中で融解アルミナを電気分解する手法で得た合金からアルミナを生成できたことから、その中に何らかの未知の元素が存在するこを確認しました。
1825年にはデンマーク物理学者エルステッド(Hans Christian Orsted)が世界で初めて、塩化アルミニウムをカリウムアマルガムにより還元する方法で、アルミニウムを分離(単離)するのに成功しました。ただし、生産性は極端に低く、貴金属としての扱いを受けました。
1827年ヴェーラー(Friedrich Wohler)が塩化アルミニウムをカリウムで還元して純粋なアルミニウムが生産れるようになりました。
1846年フランスの科学者ドビーユ(Sainte-Claire Deville)がエルステッドの手法を改良し、カリウムの代わりにナトリウムを用いる還元法を開発し、生産コストを下げることに成功しました。
1854年に (Robert Wilhelm Von Bunsen)とドビーユは独自に電解法を発明しました。
1855年ドビーユは電解法で生産したアルミニウムをパリの万国博覧会に展示し、ナポレオン3世から注目され、開発にナポレオン3世の援助を受けています。そして、皇帝夫妻専用にアルミ製食器を作らせ、晩餐会では銀製食器を使う来賓の前でこのアルミ食器を自慢した有名なエピソードがあります。
1886年にホール(Charles Martin Hall米特許400,664)とエルー(Paul Heroult仏)がアルミナと氷晶石を用いた融解塩電解法をそれぞれ独自に発明した(ホール・エルー法Hall-Heroult process)。これは今日でも利用されている手法です。
1887年にカール・ヨーゼフ・バイヤー(Karl Josef Bayerオーストリア)はから高純度のアルミナを効率的に製造する方法(バイヤー法)を発明しました。バイヤー法はアルミナの製造法で、ボーキサイトをアルカリ性の溶液に溶解し、中和剤を添加して沈殿させた水酸化アルミニウムは結晶性が良く、容易にろ過・洗浄が行えることから精製が容易になり、高純度のアルミナを作る事ができるようになりました。バイヤー法はアルミナ製造の中間過程として利用されています。
19世紀後半に電気精錬の手法(ホール・エルー法)の改良が進展しましたが、安価な電力(水力発電)が利用できないことから、生産性量は低いままでした。
20世紀後半になると大規模な水力発電所が建設され、送電線が建設されて大量の電気が安価に使用できるようになると、大規模な電気精錬が行えるようになりアルミニウムの生産コストが低下し、アルミニウムの量生産が急激に増加することなります。
1900年大に銅の価格が高騰したことから、安価なアルミニュウム線を使用した送電線が作られるようになり、アルミニュウム送電線が広く使用されるようになりました。

------------------------------

<銅の歴史>
『銅』は、道具を使い始めた人類が最初に利用した金属と言われています。紀元前7000年頃には、すでに自然銅を石鎚で叩いて加工したと思われる遺跡が小アジア(現在のトルコ共和国の主要部に位置する地域)で発見されており、さらに紀元前6000年頃には、炭による火力を利用した熔融銅が使われはじめ、やがて『青銅器時代』と呼ばれる人類文明の飛躍期が訪れます。
銅という、製錬が容易で加工性・耐久性に優れた金属の発見は、狩猟の効率化、農業生産の増大、資源の開発などに伴って人類に多くの恩恵をもたらし、その結果、人口の増加と富の集中が加速して都市文明の出現に繋がっていきました。
その後、古代における器や武器などの金属器の主力は銅製から鉄製へと移行していきますが、現代産業の発展においては、銅の重要性もまた時代と共に高まっていきました。
銅は「加工性」「耐腐食性」「導電性」「熱伝導性」「殺菌性」などの優れた特性を持ち、さまざまな用途で使用され、もはや私たちの生活に欠かせない存在となっています。


------------------------------

(*) こんなところにアルミニウム・銅が使われている実例
http://www.inter-link.jp/aluminum/aluminum_all.html

・ ジーンズ誕生を物語る銅製鋲「リベット」
・ 伝統を受け継ぐ独特の形状「擬宝珠(ぎぼし)」
・ じわりと人気!エコな暖房器具「湯たんぽ」
・ 夏の夜空を彩る大輪の花「花火」
・ すくすく丈夫に健やかに「粉ミルク」
・ 脚光を浴びる花形打楽器「シンバル」
・ ドームに広がる無限の宇宙「プラネタリウム」
・ らくがきも名画も、ここからはじまる「絵の具チューブ」
・ 学生服に光る青春の証「金ボタン」
・ ワインの飲み頃を知らせる「銅のソムリエツール」
・ 雷の被害を未然に防ぐ「避雷針」
・ あんづくりの必須道具「さわり鍋」
・ アルミの響きで学ぶ音楽の時間「鉄琴」
・ 巧みな銅の鍛金技術 職人技から生まれる歌舞伎の鬘(かつら)
・ ペットの快適な暮らしをサポート ユニークなペットグッズ
・ 京都の雅な伝統文化「型友禅染」
・ 「環境対策、デザイン性の良さは、抜群。これからも積極的に採用を検討していく、アルミ素材」
・ 「バランスや硬さなど、ユーザーの好みに広く対応。より球の飛距離が伸び、使いやすいものを目指し開発が続く金属バット」



------------------------------


(#)中学受験(小学生の勉強)
http://juniorexam.seesaa.net/

(#)高校受験(中学生の勉強)
http://highexam.seesaa.net/

(#)大学受験(高校生の勉強)
http://uniexam.seesaa.net/

(#)就職活動
http://recruit.seesaa.net/




┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
(#)無料メールマガジン 「中学生の勉強法と高校受験対策」
http://www.mag2.com/m/0001567251.html
<概要>
中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、
中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して
高校受験対策をする無料メールマガジンです。
将来の進路に役立つ話題や、おすすめの参考書も紹介します。
保護者様もぜひご覧ください。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。
http://archive.mag2.com/0001567251/index.html
上のページで、メールアドレスを入力して登録していただけましたら、
最新号のメールマガジンをお届けいたします。(無料登録)
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



[1458043398-1.jpg] [1458043398-2.jpg]
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧