このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
SNSで子供の学力低下の理由は、ラインなどのメッセージアプリの使用時間
日時: 2018/03/24 01:57
名前: 子供の学力低下の理由

東北大学の研究で注目 「SNSで子供の学力低下」本当の理由
(ゲンダイネット 2018年3月23日)

 東北大学加齢医学研究所の川島隆太所長は仙台市教育委員会と共同で毎年7万人以上の市立小中高に通う児童・生徒のデータを解析。その蓄積は8年目で膨大だ。

 その分析から浮かび上がったのが、スマホの使用による学力の低下は、学習時間とも睡眠時間とも関係しないということだった。つまり、だらだらとスマホを使っているうちに寝不足になったとしても、それが学力低下の原因ではないのだ。しかし、長時間スマホを使う生徒の学力が低いのはよく語られる。

 では、学力低下を招く直接的な原因は何か。ラインに代表されるメッセージアプリの使用時間だったのだ。ラインの使用時間が延びるほど、偏差値が下がるという。スマホを使っているという点では、メッセージアプリもスマホも同じ。メッセージアプリはなぜダメなのか。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

「メッセージのやりとりがスタートすれば、即レスが常識ですが、そのスタートがいつ起きるか分かりません。メッセージアプリに心を奪われると、使っていないときもアプリにアンテナが向く。集中力が奪われてしまうのです。だから、メッセージアプリを使わない生徒と使う生徒を比較すると、勉強する時間が同じでも、机に向かう集中力は全く違います。それが積み重なれば、成績の差は歴然です」

 そりゃそうだ。ラインの通知を気にしながら、算数の問題を解くのと、気にせずやるのとでは大きな違いだ。その散漫な意識がケアレスミスを呼ぶという。

「子供が帰宅して宿題や受験勉強をやるときは、スマホを親が管理するなどして、子供から隔絶した方がいい。家庭によっては、夜9時以降使用禁止などルール化しているケースもある。実際、『スマホ持参は禁止』をルール化する学校で、それでもスマホを持参した生徒に親の承諾を取って一定の期間没収したところ、子供の集中力が元に戻ったという報告もありますから」(八幡 義雄氏)

 子供にスマホを与えるなら、ルールをしっかり教えることだ。




------------------------------


(#)中学受験(小学生の勉強)
http://juniorexam.seesaa.net/

(#)高校受験(中学生の勉強)
http://highexam.seesaa.net/

(#)大学受験(高校生の勉強)
http://uniexam.seesaa.net/

(#)就職活動
http://recruit.seesaa.net/




┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
(#)無料メールマガジン 「中学生の勉強法と高校受験対策」
http://www.mag2.com/m/0001567251.html
<概要>
中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、
中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して
高校受験対策をする無料メールマガジンです。
将来の進路に役立つ話題や、おすすめの参考書も紹介します。
保護者様もぜひご覧ください。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。
http://archive.mag2.com/0001567251/index.html
上のページで、メールアドレスを入力して登録していただけましたら、
最新号のメールマガジンをお届けいたします。(無料登録)
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧