このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
2045年問題とは(シンギュラリティ,技術的特異点,IoT,パラダイムシフト)意味をわかりやすく解説します。
日時: 2016/07/19 06:56
名前: 2045年問題

シンギュラリティ
https://goo.gl/rAUu2w


シンギュラリティ(Singularity)とは、技術的特異点のことで、コンピューター・人工知能が人類の能力を超える時点のことです。
そして、西暦2045年が、技術的特異点の年になるという予測があります。
(「2045年問題」と呼ばれます。)


英語の singular は、形容詞で「並はずれた,非凡な,珍しい」の意味です。
英文法では、「単数の(単数形の)」という意味もあります。 (例) a singular noun 「単数名詞」

特異点という言葉は、主に、数学や物理学で用いられる用語で、「他と同じようなルールを適用することができない点」のことです。

なお、関連するキーワードとして、 IoT ( Internet of Things ) は、「モノのインターネット(化)」で、パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、自動車や家電製品や機械など様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(通信機能を持たせ)、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。

ついでに、パラダイムシフト (paradigm shift )とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが非連続的に劇的に変化することをいいます。つまり、当たり前だと思うことや、常識だと思うことが変化することです。



------------------------------

・「小さな幸せ」
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

・「私の事典」
http://d.hatena.ne.jp/mydictionary/

・「意味」
http://wakeariblog.wordpress.com

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧