このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
大岡越前「子争い」は、「負けるが勝ち」の例だと思います。
日時: 2014/08/27 16:43
名前: 大岡越前 子争い

(*)大岡越前の子争いのあらすじ
http://wp.me/p4NgWA-1m


<あらすじ>

 ある時、大岡越前の所に、ふたりの女がひとりの子を連れてやってきました。
 ふたりの女は共に、「自分こそこの子の本当の母親です」といって譲りません。

 そこで、大岡様はこう言いいました。
 「子の腕を持て。お前は右じゃ。そちは左を持つがいい。それから力いっぱい引き合って勝ったほうを実母とする」

 女たちは子供の腕をおもいきり引っぱり始めましたが、子供が痛がって泣くので、一方の女は思わず手を放しました。

 勝った女は喜んで子を連れて行こうとしましたが、
 大岡様は、「待て。その子は手を放した女のものである」 と言うのでした。

 勝った女は納得できず、 「なぜでございます。勝った者の子だとおっしゃられたではありませぬか」 と激しく抗議しました。

 そこで大岡様はおっしゃった。
 「本当の母親なら子を思うものである。痛がって泣いているものをなおも引く者がなぜ母親であろうか」



大岡越前「子争い」は、「負けるが勝ち」の例だと思います。
http://arigatooo.exblog.jp/22335309/
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧