このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
中村勘三郎 画像と動画の掲示板
日時: 2012/12/06 18:24
名前: 中村勘三郎 掲示板

(*)中村勘三郎
http://dankaisyowa.seesaa.net/article/305527186.html



(*)中村勘三郎 プロフィール
生年月日 :1955年5月30日
出身地 :東京都
本名 :波野哲明
襲名歴 :五代目 中村勘九郎
襲名歴 :十八代目 中村勘三郎

<主な出演作>
『連獅子』の狂言師後に親獅子の精
『春興鏡獅子』の獅子の精
『梅雨小袖昔八丈』(つゆこそで むかし はちじょう、通称:髪結新三/かみゆいしんざ)の髪結新三
『東海道四谷怪談』の伊右衛門女房お岩、小仏小平、佐藤与茂七
『夏祭浪花鑑』(なつまつり なにわかがみ)の團七九郎兵衛
『隅田川続俤 法界坊』の聖天町法界防
『平家女護嶋・俊寛』(へいけ にょうごが しま・しゅんかん)の俊寛僧都
『仮名手本忠臣蔵』の塩冶判官
『野田版研辰の討たれ』の守山辰次
『野田版鼠小僧』の棺桶屋三太(さんた)
『鰯売恋曳網』の猿源氏

コクーン歌舞伎
「東海道四谷怪談」、「夏祭浪花鑑」、「盟三五大切」、「三人吉三」、「桜姫」、「東海道四谷怪談」、「佐倉義民傳」、「盟三五大切」、「天日坊」



------------------------------


(*) 中村勘三郎 インタビュー(2010年)
http://www.kabuki-bito.jp/special/toyota/41/
コクーン歌舞伎『佐倉義民傳』


(*) 中村勘三郎 インタビュー(2010年)
http://www.kabuki-bito.jp/special/toyota/31/
私と歌舞伎座



(*) 中村勘三郎 インタビュー(2008年)
http://doraku.asahi.com/entertainment/movie/special/080109.html
シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」



(*) 森光子・中村勘三郎 『寝坊な豆腐屋』稽古場レポート(2007年)
http://www.kabuki-bito.jp/news/2007/09/__photo_47.html
新橋演舞場夜の部 『寝坊な豆腐屋』稽古の様子や、公演への意気込みについて


(*) 中村勘三郎 インタビュー(2007年)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/jidai/070725_nakamura01/
NYを席巻した『平成中村座NY公演』二回目の勝負を終えて



(*) 中村勘三郎が語る仕事(2005年)
形を持つ人だけが、形を破れる
http://www.asakyu.com/column/?id=90
自分をさらし尽くす
http://www.asakyu.com/column/?id=92
観客の胸倉をつかみたい
http://www.asakyu.com/column/?id=94
友は、仕事の熱源である
http://www.asakyu.com/column/?id=97



(*) 歌舞伎への誘い
http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/kabuki/jp/index.html
・歌舞伎とは
・歌舞伎の歴史
・歌舞伎の舞台
・歌舞伎の表現
・歌舞伎の演目


(*) 歌舞伎座
http://www.kabuki-za.co.jp
所在地:東京都中央区銀座四丁目
アクセス:東京地下鉄日比谷線・都営地下鉄浅草線東銀座駅すぐ上
     東京地下鉄各線銀座駅 徒歩10 〜15分


------------------------------

歌舞伎俳優の中村勘三郎さん死去 57歳
(2012年12月5日 MSN産経ニュース)
 江戸時代の芝居小屋を再現した「平成中村座」など歌舞伎界に新風を吹き込み、テレビや映画、現代演劇などでも活躍した人気歌舞伎俳優、中村勘三郎(本名・波野哲明=なみの・のりあき)さんが2012年12月5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため東京都文京区の病院で死去した。57歳だった。葬儀・告別式は未定。
 中村勘三郎さんは平成24年6月、食道がんを公表。7月に摘出手術をし、回復が伝えられたが、抗がん剤治療などにより免疫力が低下、肺炎を患い、重篤な状態が続いていた。
 中村勘三郎さんは昭和30年5月、人間国宝だった十七代目中村勘三郎さんの長男として東京に生まれ、34年、東京・歌舞伎座「昔噺桃太郎」の桃太郎で五代目中村勘九郎を名乗って初舞台を踏んだ。若い頃から才気煥発をうたわれ、歌舞伎だけでなく、さまざまなジャンルで活動し、一躍人気者になった。平成17年3月、十八代目中村勘三郎を襲名。
 芸域は幅広く、立役を中心に女形も演じ、世話物では江戸歌舞伎「髪結新三(かみゆいしんざ)」の新三、上方狂言「夏祭浪花鑑」の団七など何を演じても舞台で生き生きと躍動、抜群の芝居センスと花のある風姿で圧倒的な人気を呼んだ。江戸時代の芝居小屋を蘇らせた「平成中村座」は国内だけでなく、ニューヨークでも公演し、大きな話題となった。また、テレビでも活躍、NHK大河ドラマ「元禄繚乱」の大石内蔵助役などでも親しまれた。
 平成11年に日本芸術院賞、16年に菊池寛賞、20年に紫綬褒章など。



------------------------------

中村勘三郎さん死去:宮沢りえ公私で深い親交 「言葉では表せないくらい残念」
(2012年12月06日 スポニチ)
 公私にわたって親交の深かった女優の宮沢りえ(39)は事務所を通じて「私に浮かぶ言葉では表せないくらい、残念でなりません」とコメントを寄せた。
 93年に関脇 貴花田(現 貴乃花親方)と婚約を解消した後、支えになってもらった兄貴分。感謝の思いは強く「人間として表現者として、本当に、最高にチャーミングな生きざまを見せ続けてくださった勘三郎さんの存在は、いつまでも私たちに光やエネルギーを与え続けてくださると信じています」と強調した。


------------------------------

中村勘三郎さん死去:30年来の友人 長嶋さん「あまりに惜しい」
(2012年12月06日 スポニチ)
 長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(76)は球団広報を通じて談話を発表し「何事にもパワフルに取り組む方でしたから、病魔にも打ち勝ってくれると信じていましたが。あまりに惜しい、の一言です」と悔やんだ。
 32年前、勘三郎さんの結婚式にメッセージを贈って以来、公私ともに親しい仲になった。05年の「勘三郎襲名を祝う会」では発起人を務め「やんちゃで、誰からも愛される、その人柄に私も魅了されました」としのんだ。
 中村勘三郎さんは少年期から大の長嶋ファン。勘九郎時代の03年、スポニチ本紙連載「勘九郎かわら版」が決まった時、題字を「ぜひ長嶋さんに」と熱望し、書いてもらったこともあった。長嶋氏から「プロなんだから三振しても魅せなきゃダメ」と聞いた時は、エンターテイナーとして共感を覚えた。
 長嶋氏は勘三郎さんを「歌舞伎のジャンルにとどまらない八面六臂(ろっぴ)の活躍で、まさに才気煥発(かんぱつ)という形容がふさわしかったと思います」と強調。思い出として昨年10月の「勘九郎襲名を祝う会」を挙げ「ご長男の立派なお姿に何度も目頭をハンカチで拭っていた、あの父親の顔は忘れられません」と振り返った。

------------------------------

http://magainfo.exblog.jp/18234500/
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧