このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
リオデジャネイロオリンピックの男子マラソンの掲示板(佐々木悟,北島寿典,石川末廣,猫ひろし)
日時: 2016/08/06 10:07
名前: リオデジャネイロ五輪の男子マラソン掲示板

(*)注目の情報
http://makingsense.greater.jp/cgi-bin/googlewiki2ch/patio.cgi


リオデジャネイロオリンピックの男子マラソンの日時と放送スケジュール
2016年(平成28年)8月21日(日)
21:30〜24:15 陸上(NHK総合)

リオデジャネイロオリンピックの男子マラソン日本代表の氏名は、2015年12月の福岡国際マラソンで、2時間08分56秒で日本人トップの3位になった佐々木悟(旭化成)。最後のびわ湖毎日マラソンで2時間09分16秒で2位になった北島寿典(安川電機)。そして、同レースで2時間09分25秒の日本人2位になった石川末廣(ホンダ)。
カンボジア代表で、猫ひろしが出場。






メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧

猫ひろし ( No.5 )
日時: 2016/08/22 00:06
名前: リオ五輪・陸上男子マラソン


・猫ひろしはカンボジアのオリンピックマラソン代表選考会で優勝したから、オリンピックに出られるんだろ?

→いいえ、違います
 カンボジア国内の一マラソン大会で優勝しただけです
 (本人はオリンピック代表選考会で優勝したと発言?オリンピック標準記録突破者が一人もいないのに“選考会”?)

・とにかく猫ひろしがカンボジア人で一番マラソンが速いんだろ?なら良いじゃん?

→そもそも、猫ひろしのタイムではオリンピック出場標準記録を突破しておりません
 そして、もし日本国内での順位を付けるとしたら3000位以下になるような、低レベルの選手です
 (2時間半でマラソンを走れる日本人は3000人はいるでしょうから)
 100m走を例として言えば
 11秒台の選手が、「俺が国で一番早いから!」と主張してオリンピックに出場するようなものです
 つまり、日本人としてはもちろんのこと、カンボジア国籍であろうとその他の国の国籍であろうと
 猫ひろしは本来、オリンピックには出場できません

・じゃあ、なんで猫ひろしは出られるのさ?

→オリンピック陸上出場標準記録を満たす選手が一人もいない国(スポーツ文化発展途上国など)に
 「参加することに意義がある」というオリンピック精神から
 男女1名ずつに、その国のスポーツ文化の発展と普及の為として与えられている陸上選手出場枠が有り
 猫ひろしはその枠で特例で出ます

・ふーん、でも、なぜそのことを批判する人がいるのか、解らんね

→その枠は本来
 その国の今後のスポーツ文化の発展を担うであろう未来の有る若手選手に与えられた枠です
 つまり、猫ひろしが出ることで、若い未来のあるカンボジア人選手一人が出場できなくなりました
 若い未来のあるカンボジア人選手から思い出出場目的の猫ひろしがその貴重な出場枠を横取りした
 と言いかえても良いでしょう
 
 トップレベル(オリンピック標準記録を突破しているなど)の選手が
 国籍を変えて出場している多くの例とは全く違うのです
 (彼らは実力でその国の出場枠を勝ち取っている&彼らはその国の出場枠をつぶしていない)

・低レベルの自国の若手選手をオリンピックに出場させたら国の恥だってことで、猫を選んだんだろ?

→上記でも申し上げたように
 猫ひろしもオリンピック出場レベルではないビリ争いが確実の低レベル選手です
 低レベルの選手を出場させる事が国の恥となるのなら
 猫ひろしを出場させることも十分にカンボジアの恥となるでしょう

・じゃあ、猫ひろしは今後どうすれば良いのさ?

→オリンピック後も一生カンボジア人としてカンボジアに住み
 カンボジアのスポーツ文化の発展と普及のために尽くせば
 誰も批判する人はいなくなるでしょうね


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧