このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
高倉健 掲示板
日時: 2014/11/18 13:44
名前: 高倉健 掲示板

(*)高倉健(たかくらけん)プロフィール
本名 :小田剛一(おだごういち)
生年月日 :1931年2月16日
没年月日 :2014年11月10日(満83歳没)
出身地 :福岡県
血液型 :B型
2013年 文化勲章 受章

<主な出演映画>
電光空手打ち , 日本侠客伝 , 昭和残侠伝 , 網走番外地 , 八甲田山 , 幸福の黄色いハンカチ , 鉄道員(ぽっぽや) , あなたへ
野性の証明 , 遙かなる山の呼び声 , 駅 STATION , ゴルゴ13 , ブラック・レイン , 南極物語 , 居酒屋兆治

------------------------------

(*) 高倉健さんインタビュー
http://urx.nu/efU5

------------------------------

(*) 高倉健(写真集,DVD,ブルーレイ,CD,書籍,著書,資料)
http://urx.nu/efUm

-----------------------------


(*) 高倉健 動画「冬の華」
http://www.dmm.com/digital/cinema/-/detail/=/cid=5059toei00985/photogallery-001

<あらすじ>
関東の東竜会幹部・加納秀次は、会長の坂田の命令で、関西に寝返ったかつての兄貴分・松岡を殺害し北海道旭川刑務所で服役することになる。殺された松岡には3才になる洋子という一人娘がおり、彼女を舎弟の南に託して成長を見守ることにする。刑務所生活での唯一の楽しみは、ブラジルにいる伯父と偽っての南と竹田を通じての洋子との文通であった。そして15年が経ち、加納は出所する。

------------------------------

俳優の高倉健さんが死去 「幸福の黄色いハンカチ」

 映画「幸福の黄色いハンカチ」などで知られ、日本映画を代表する俳優の高倉健(たかくら・けん、本名=小田剛一=おだ・ごういち)氏が2014年11月10日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。

 1955年に東映入社、翌年「電光空手打ち」でデビュー。「日本侠客伝」「昭和残侠伝」「網走番外地」などの任侠映画シリーズでクールなやくざ役を演じ同社トップ俳優に。人気シリーズの「唐獅子牡丹(ぼたん)」でのせりふ「死んでもらいます」は流行語になった。

 寡黙なヒーロー役がはまる俳優としての評価は年を重ねてさらに磨かれ、76年の東映退社後も「君よ憤怒の河を渉れ」「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」などの大作で好演した。

 「不器用ですから」の口癖で知られ、プライベートでも礼儀正しい態度が役者の間でも好感を持たれた。

 99年の「鉄道員」ではモントリオール世界映画祭主演男優賞を受けるなど国際的にも活躍。テレビコマーシャルにも多く出演した。

 98年紫綬褒章、2006年文化功労者、13年文化勲章。



------------------------------

(*)注目の情報
http://urx.nu/clyj



メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧

高倉健さん死去:「不器用な男」日本人の美学重ね ( No.1 )
日時: 2014/11/18 13:46
名前: 高倉健 掲示板

高倉健さん死去:「不器用な男」日本人の美学重ね
毎日新聞 2014年11月18日

 日本映画界最高の銀幕のスター、高倉健さんが10日、83年の生涯を閉じた。俳優の名前で多くの観客を映画館に呼べる数少ない俳優だった。晩年まで、私生活をほとんど公にすることはなく、役柄のイメージの高倉健を観客の心に残したまま旅だった。「健さん」として親しまれてきたのは、役の中での男の生きざまであり、高倉健さん自身の生き方も重なって多くのファンが魅了された。日本映画は長年映画界をけん引してきた大きな柱を失った。

 高倉健さんが人気を不動にしたのは任(にん)きょう映画。1960年代に大人気となった「網走番外地」「日本侠客伝」シリーズなどは、学生運動に身を投じる若者らからも圧倒的な支持を得た。着流しのアウトローが逆境に耐えながらも復讐(ふくしゅう)を果たす物語に観客は熱狂した。多くを語らず、いざという時に体を張って、義理や人情を大事にする姿は、男っぽさの神髄と受け入れられた。

 任(にん)きょう映画の減少とともに、高倉健さんは人間ドラマやアクション、大作へと出演映画のフィールドを広げた。ただ、過酷で暗い過去をひきずり、大きな重荷を背負って生きる役はその後もずっと続いた。青函トンネル開通に挑む男を演じた「海峡」(82年)、殺人事件を犯し逃亡しながらも母子家族の酪農を手伝う日本版「シェーン」といわれる「遥かなる山の呼び声」(80年)、引かれた女の元情夫が手配中の男と知り職務を遂行する刑事役の「駅 STATION」(81年)など。

 武骨で口数は少ないが、人の情を大事にする素朴な男。「幸福の黄色いハンカチ」はその頂点の作品といっていいだろう。愚直なまでのきまじめさ、人生を常に遠回りしてしまい、必死に生きていても損な役回りになってしまう男の姿に、観客は共感と人生のつらさ、悲しみを感じた。

 最新作「あなたへ」(2012年)がコンビを組んで20作目となり、高倉健さんが最も信頼を寄せる降旗康男監督は同作で「健さんも年を取り、過去の重荷から解放してあげたかった」と話した。さらに、「普通の俳優は努力して人物のキャラクターに入っていくが、健さんはキャラクターを自分の中に入れてしまう。だから、相手とふれあうことでしか芝居が出てこない」。自身を「不器用」と言うのは「それを自認しているからだ」と説明した。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧