このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
不妊症の原因究明や治療法の開発(IPS細胞で不妊症のオスのマウスに正常な精子を作れるようになることを京都大学などの国際研究グループが突き止めました。)
日時: 2017/08/18 06:42
名前: 不妊症の原因究明や治療法の開発

「妊娠や出産や育児の情報と悩みの掲示板」
http://babyinfo.seesaa.net/


IPS細胞で不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に
(京都新聞 2017年8月18日)

 通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なIPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、子どもを誕生させることに、京都大医学研究科の斎藤通紀教授や大田浩助教と、英国の共同研究グループが成功した。IPS細胞を作製する過程で、一定の割合で1本の性染色体がなくなり正常なIPS細胞ができた。通常より染色体が多いために起こる病気の治療法開発などにつながる成果で、米科学誌サイエンスで2017年8月18日発表する。
 性別を決定する役割を担う性染色体は通常、両親から1本ずつを引き継ぐ。ただし、受精卵ができる段階で3本になることがあり、その状態で生まれると不妊などの症状が出ることがある。
 グループは、性染色体が3本あるために無精子症などが起こる男性の病気「クラインフェルター症候群」をマウスで再現し、その皮膚細胞からIPS細胞を作製すると、12%の細胞で性染色体の1本がなくなり2本のIPS細胞ができることが分かった。性染色体が3本のIPS細胞から精子は作れないが、2本の場合は可能で、人工授精によって健康な子どもが生まれた。
 クラインフェルター症候群や、性染色体以外の特定の染色体が3本あるために発症するダウン症の患者の皮膚細胞からIPS細胞を作ると、約1%の割合で染色体が2本になることも確かめた。斎藤教授は「IPS化によってなぜ性染色体が3本から2本になるかは不明だが、染色体や遺伝子の変異を原因とした不妊の研究基盤となる」と話している。

------------------------------

不妊症のオスのマウス iPS細胞で正常な精子作れるように
(NHK 2017年8月18日)

染色体の異常により精子ができない病気のオスのマウスの細胞からiPS細胞を作ると、一定の割合で染色体の異常がなくなり、正常な精子を作れるようになることを京都大学などの国際研究グループが突き止めました。今後、不妊症の原因究明や治療法の開発につなげたいとしています。
研究を行ったのは、京都大学大学院医学研究科の斎藤通紀教授らと、イギリスの研究機関の共同研究グループです。

染色体の異常により精子ができない不妊症の症状があるオスのマウスから細胞を取り出し、体のさまざまな組織になるiPS細胞を作ると、およそ10%の割合で染色体に異常がない正常なiPS細胞ができることを突き止めました。そして、このiPS細胞を精子の元になる細胞に変化させ、不妊症のオスのマウスの体に入れると精子を作ることができ、卵子に受精させると繁殖に成功したということです。

さらに、同じく染色体の異常で起きるヒトの「クラインフェルター症候群」という不妊症の患者からiPS細胞を作ったところ、数%の割合で染色体の異常がないiPS細胞ができることを確認したということです。

斎藤教授は「iPS細胞を作る過程でなぜ染色体の異常がなくなるかはわかっていないが、今後、不妊症の原因究明や治療法の開発につなげていきたい」と話しています。



------------------------------

・「小さな幸せ」
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

・「私の事典」
http://d.hatena.ne.jp/mydictionary/

・「ありがとう」
http://arigatooo.exblog.jp/

・「意味」
http://wakeariblog.wordpress.com

・「幸せになる方法」
http://makingsense.sblo.jp/

・「癒しの動画 おすすめチャンネル」
http://goo.gl/U5qKJ4
メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧