このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
大動脈瘤 掲示板(腹部大動脈瘤,胸部大動脈瘤,大動脈瘤手術,名医)
日時: 2012/09/25 00:20
名前: 大動脈瘤 掲示板

(*)大動脈瘤 - Wikipedia
大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう Aortic aneurysm)とは、大動脈の血管が拡張ないし血管壁が解離する疾患。
多くの場合、高血圧・動脈硬化・加齢等によって2次的に生じてくる場合が多い。以下に分類される。
真性大動脈瘤
仮性大動脈瘤
解離性大動脈瘤


------------------------------


(*)川崎大動脈センター
http://www.daidomyaku.jp
大動脈治療専門の医療センター:神奈川県川崎市幸区大宮町31番地27

------------------------------

(*)腹部大動脈瘤のメカニズム 浜松医科大学など解明
(中日新聞 2012年9月15日)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120915/CK2012091502000057.html

 破裂すると大量出血して大半の患者が死亡する腹部大動脈瘤(りゅう)は、大動脈の壁自体の内部を流れる血液が少なくなり、壁がもろくなってできる可能性があることを、浜松医大と島津製作所(京都市)が共同で開発した顕微鏡で解明した。
 おなかの大動脈の一部がこぶのように膨らむ腹部大動脈瘤ができる原因はこれまで分かっていなかったが、メカニズムを明らかにすれば、予防や再発防止につながるとしている。
 開発したのは、分子レベルで物質の重さや分布を観察できる「質量顕微鏡」。患者三十人について、大動脈瘤ができた血管の壁を観察すると、こぶのない部分に比べ、流れる血液の量が約半分になっていた。大動脈瘤のできた血管の壁に栄養や酸素を供給するための小さな血管には脂質が異常に蓄積して、細くなっていることが分かった。
 同大の瀬藤光利(せとうみつとし)教授は「大動脈の壁に酸素や栄養が十分に行き渡らず血管の壁がもろくなることが、動脈瘤の形成につながると考えられる。今後、血流を改善する薬が効くかどうかを調べたい」と話している。


------------------------------


(*)週刊朝日 10月5日号(2012年9月25日発売)
名医の最新治療/大動脈瘤(胸部・腹部)
慶應義塾大学病院・川口聡、奈良県立医科大学病院・吉川公彦
名医のセカンドオピニオン/腹部の超音波検査では血管も診てもらおう
戸田中央総合病院・石丸新



------------------------------


(*)「治療と予防」
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報


------------------------------

< 大動脈瘤(書籍,著書,資料)>
http://amzn.to/PB5cVs

・腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際
・胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際
・大動脈瘤・大動脈解離診療のコツと落とし穴
・大動脈瘤・大動脈解離とMDCT
・エキスパートに学ぶ大動脈瘤手術
・大動脈瘤破裂から生還して
・大動脈瘤・大動脈解離の臨床と病理
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧