ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
胃がんの個別化医療と手術の掲示板(胃がんの低侵襲手術,センチネルリンパ生検,分子標的薬,ハーセプチン,腹腔鏡下手術のメリット・デメリット)
日時: 2012/05/30 01:38
名前: 胃がんの個別化医療と手術

「がんサポート」2012年6月号 (2012年5月16日発売)
http://diseaseinfo.seesaa.net/article/272489551.html

<特集> 胃がんの低侵襲手術
進歩する腹腔鏡下での低侵襲手術
センチネルリンパ節生検の併用で、より確度な温存が目指せる可能性も
胃がんの低侵襲手術では、腹腔鏡下手術の臨床研究が進んでいる。例えば、1期の胃がんでは、開腹手術との比較が行われている。腹腔鏡下手術のメリット・デメリットは? 術中のセンチネルリンパ生検は温存手術にどう生かせるのか? 進行中の試験から見通せる現状をいち早く紹介する。

<特集> 胃がんの個別化医療
個別化治療の幕開け!胃がんにも分子標的薬が登場
ハーセプチンによって、QOLを保ったまま過ごせる人も
昨年3月にハーセプチンが承認されたことで、胃がんも個別化治療の時代に入りました。分子標的薬の登場で、臨床現場にも大きな変化が見られています。

<特集> 高齢者の進行胃がん治療
高齢者の進行胃がんの治療は特性に応じた治療を
副作用を抑え、治療を継続することが大切
以前には、腎機能が定価しているなどの身体的な衰えが観られる高齢者には化学療法は難しかった。しかし、TS-1の登場で高齢者にも化学療法が行われるようになっている。また、新たな治療薬にも期待が集まっているという。


<特集> 食道がん胸腔鏡下手術
新たな可能性として期待が集まる食道がんの胸腔鏡下手術
肋骨を切らない手術で、回復も早く、術後合併症も減らせる
食道がんの手術は、これまで胸を切り開いて行う開胸手術が前提となっており、患者さんが体に受ける負担も大きかった。患者さんへの負担を減らすべく、胸腔鏡を用いた手術が試みられている。もともと難易度が高い食道の手術を胸腔鏡で行うというハードルの高い手術だが、実際、術後合併症が軽減できるなど、一定の効果が期待できそうだという。


<特集> 食道がんの術前化学療法
個別化も視野に!食道がんの術前化学療法
新たな薬剤の登場や、QOLを考えた薬剤の組み合わせの検討も
進行食道がんに対する手術の成績はあまりよくない。そこで、その補助療法として手術前に複数の抗がん剤を投与する「術前化学療法」を行うことで、現在、生存率などの治療成績が飛躍的に向上しています。

<特集> 食道がん化学放射線療法
食道を温存する化学放射線療法 最新知見
副作用や栄養サポートをしっかり行うことが肝心
食道がんの手術は、6〜8時間もかかる大がかりなもので、患者さんへの負担も大きく、術後の後遺症や合併症に悩まされることがある。そんなときぜひ知っておいてほしいのが化学放射線治療という治療選択肢だ。

<特集> 経腸栄養剤の力
強力な化学療法をサポートする経腸栄養剤の力
経腸栄養剤による栄養管理で副作用は軽減!?
食道がんの化学療法はより強力な薬剤が使われるようになった。その結果、副作用をいかに抑えるかが課題となっている。そんななか、副作用を抑える方法として今期待を集めているのが、"栄養管理"。患者さんの栄養状態を改善することで、副作用が軽減されたという報告も出てきている。


------------------------------


(*)胃がんの治療 予防 胃がん 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-igan.html
胃がん 初期症状 ステージ スキルス胃がん 生存率 胃がん 食事 胃がん 名医 胃がん 末期症状 胃がん 闘病記 胃癌 掲示板 胃ガン 掲示板 内視鏡治療 外科的手術 化学療法 分子標的治療薬 放射線治療 生物学的療法(免疫療法)





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
海外旅行の「H.I.S.」
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1O34D9+8AVU6A+275G+669JN
海外格安ツアーや海外格安航空券を検索できます。
期間限定の激安航空券が出ることもあります。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
[1338309504-1.jpg]
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧

題名 タイトルは次の画面で設定してください
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存