このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
血液がんの治療(多発性骨髄腫,悪性リンパ腫,白血病,骨髄異形成症候群,急性骨髄性白血病,慢性骨髄性白血病,急性リンパ性白血病) 掲示板
日時: 2012/03/17 12:38
名前: 血液がんの治療

(*)白血病 - Wikipedia
白血病(はっけつびょう、英名:Leukemia)は簡単には「血液のがん」といわれ、遺伝子変異をおこした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患。白血病細胞が造血の場である骨髄を占拠するために造血が阻害されて正常な血液細胞が減るため感染症や貧血、出血症状などの症状が出やすくなり、あるいは骨髄から血液中にあふれ出た白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤 (侵入)して障害することもある。治療は抗がん剤を中心とした化学療法と輸血や感染症対策などの支持療法に加え、難治例では骨髄移植などの造血幹細胞移植治療も行われる。大きくは急性骨髄性白血病 (AML)、急性リンパ性白血病 (ALL)、慢性骨髄性白血病 (CML)、慢性リンパ性白血病 (CLL) の四つに分けられる。

------------------------------

(*)「がんサポート」2012年4月号 (2012年3月16日発売)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007BDT528/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=heartlinks-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B007BDT528

<特集> 血液がん最新特集

1:多発性骨髄腫の治療
 副作用を軽減しながら、長く病気とつきあう多発性骨髄腫の新治療
 3つの新規薬剤の効果と副作用を把握し、有効な治療を。
 監修:黒田芳明 広島大学原爆放射線医科学研究所血液・腫瘍内科医師
 取材・文:文山満喜
 多発性骨髄腫は、新規薬剤の登場で、がんの進行を以前よりずっと長く抑えられるようになりました。またこれらの薬剤を中心に、上手に長く使うことで生存期間の延長が可能となっています。

2:悪性リンパ腫の治療
 あきらめない!新薬登場続く悪性リンパ腫の治療
 これまで薬のなかったT細胞リンパ腫にも、もうすぐ新たな薬が
 監修:新津 望 埼玉医科大学国際医療センター造血器腫瘍科
 取材・文:半沢裕子
 悪性リンパ腫に、新薬が続々と登場している。再発しても長期生存がもはや夢ではなくなってきている。そんな悪性リンパ腫とどう向き合っていけばよいのか。

3:悪性リンパ腫の治療
 "長期寛解"を目指す低悪性度リンパ腫の最新治療法
 病気の状態と患者さんのニーズに合わせて治療法を選択
 監修:石澤賢一 東北大学大学院医学系研究科血液分子治療学准教授
 取材・文:柄川昭彦
 進行はゆっくりだが、完治させることが難しい低悪性度の悪性リンパ腫。再発後の早い段階で腫 瘍の量が多くなければ、分子標的薬と放射線療法を組み合わせた治療薬「ゼヴァリン」を使うことで、長期間にわたって病気を抑えられることが期待できる。

4:骨髄異形成症候群の治療
 新薬で白血病への移行をストップ!骨髄異形成症候群の最新治療
 レブラミドやビダーザなどの新薬で治療成績は向上
 監修:小倉和外 静岡県立静岡がんセンター血液・幹細胞移植科副医長
 取材・文:文山満喜
 進行すると、白血病に移行してしまうケースもある骨髄異形成症候群。しかし最近は、白血病への移行を遅らせることができる有望な新薬が次々に登場しています。

5:急性骨髄性白血病の治療
 化学療法と移植で根治を目指す急性骨髄性白血病の最新治療
 新たな造血幹細胞移植も出てきた
 監修:神田善伸 自治医科大学附属さいたま医療センター血液科教授
 取材・文:町口 充
 血液がんの1つである急性骨髄性白血病の治療では、化学療法や造血幹細胞移植が行われます。最近では、その移植に関して新たな試みも始まっており、治療選択肢が増えてきました。

6:慢性骨髄性白血病 特別対談
 効果の高い第2世代薬が登場!慢性骨髄性白血病の治療薬をどう選ぶか
 休薬してよいかどうかの臨床試験も始まり、将来的には完治できる可能性も!
 木村晋也 佐賀大学医学部内科学講座血液・呼吸器・腫瘍内科教授
 古賀真美 Patient Advocate Liaison(造血器腫瘍〔血液がん〕患者相談支援の会)代表
 これまでのグリベックに加え、第2世代薬であるスプリセルとタシグナが、この2年の間に慢性骨髄性白血病の初回治療で使えるようになりました。3剤を選べる時代になった今、患者さんは薬剤の効果をどう考え、治療法を選んだらいいのでしょうか。PAL(造血器腫瘍患者相談支援の会)代表の古賀真美さんとともに、慢性骨髄性白血病の治療に詳しい佐賀大学医学部教授の木村晋也さんに、新薬の治療について聞きました。

7:急性リンパ性白血病
 化学療法が基本。急性リンパ性白血病の最新治療
 まずは個人の病型を知り、有効な治療戦略を決めることが先決
 監修:秋山秀樹 東京都保健医療公社荏原病院副院長
 取材・文:柄川昭彦
 白血病の1つである、急性リンパ性白血病。病気の進行が速いのが特徴だが、多くの効果的な抗がん剤の登場により、患者の予後が大きく改善している。そして、フィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ性白血病には、グリベック以外の分子標的薬も登場し患者の救いとなっている。


------------------------------

<「がんサポート」 バックナンバー>
http://www.amazon.co.jp/gp/search?ie=UTF8&keywords=%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%20%E9%9B%91%E8%AA%8C&tag=heartlinks-22&index=books&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211



------------------------------

(#)骨髄移植推進財団(骨髄バンク)
http://www.jmdp.or.jp/

(#)JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)
http://www.jalsg.jp/


(#)白血病の治療 予防 白血病 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-haketubyo.html
白血病 症状 急性骨髄性白血病 成人T細胞白血病 慢性骨髄性白血病 急性リンパ性白血病 白血病 治療 白血病 症状 初期 血液のガン 骨髄移植 掲示板 化学療法 分化誘導療法 完全寛解



------------------------------



(*)「治療と予防」
http://makingsense.sakura.ne.jp/cgi-bin/disease/patio.cgi
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報


------------------------------


< がん名医(書籍,資料)>
http://www.amazon.co.jp/gp/search?ie=UTF8&keywords=%E3%81%8C%E3%82%93%20%E5%90%8D%E5%8C%BB&tag=heartlinks-22&index=books&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211

メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧