このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
脊柱管狭窄症の治療と予防の掲示板
日時: 2012/01/18 03:16
名前: 脊柱管狭窄症 掲示板

(*) 『わかさ』2012年3月号 (2012年1月16日発売)

<大特集> 脊柱管狭窄症・しびれ・激痛も跛行も一挙退く最先端療法続々と新発見

ビリーバンバンの管原孝さんが激白!「脊柱管狭窄症に苦しみ泣いてこう克服した」闘病全記録
70歳以上の半数を襲う脊柱管狭窄症の正体もあなたのタイプの真のタイプも詳細図説ですぐわかる[医大式]診断シート
冬のコタツ生活で急悪化!朝は寝床で爪先起こし、炊事では片足踏み台で痛みを防ぐなど[狭窄症がよくなる生活・悪化する生活]一覧
足が痛み歩けない狭窄症の悩み間欠性跛行が改善し長く歩けたと病院でも行う評判体操腰突き出し
大反響!医師開発の狭窄症体操ワニ動作とひざ抱えで激痛・しびれが消失!術後の不調も治った人続出
女性に急増する狭窄症の二大原因すべり症・圧迫骨折の悪化を防ぎ痛みも除く自力整体発見
冬は寒さで狭窄症が悪化するが、腰の冷えを取れば回復し、ショウガ・炭酸浴・背中カイロなら、しびれもすぐ引く
朗報!従来の鎮痛薬が効かない狭窄症にも著効を示すと新薬[プレガバリン]が今話題で専門医も続々採用しだした
狭窄症は筋力不足も重大原因で腰を支える筋肉が強まる名医考案のスローおじぎをしたら足腰の痛み知らず!
有効率87%!傷んだ神経が回復し手術無効の狭窄症でも、しびれが和らぐ!初公開の高気圧酸素治療[実施病院リストつき]
マヒや尿失禁も伴うなら要手術で術後の再発や後遺症も極少で成功率抜群の日赤式狭窄症手術がすごい評判
若い人にも多く首の痛み・手のしびれ・肩こりを招く首の脊柱管狭窄症のあっと驚く治し方
腰と首の狭窄症が劇的に軽快し驚いた!手術を免れたすべり症も改善!プラセンタの最新症例報告集
[特別付録]脊柱管狭窄症退治の10カ条つき健康長寿実現カレンダー


------------------------------

<わかさ出版「わかさ」 >
http://www.amazon.co.jp/gp/search?ie=UTF8&keywords=%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%95%20%E9%9B%91%E8%AA%8C&tag=heartlinks-22&index=books&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211

------------------------------
------------------------------

(*) 「腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 正しい治療がわかる本」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4879548049/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=heartlinks-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4879548049

著者:近藤 泰児(東京都立多摩総合医療センター 副院長)

腰痛、脚のしびれが出たら、年のせいと放置するのは禁物。放っておくと、深刻な後遺症が残る場合も。早期受診の重要性、悪化や再発を防ぐ運動など、腰痛や坐骨神経痛へのベストな対処法を解説。

<内容、目次>
第1章 診断はこのように行われます
腰椎椎間板ヘルニアはこんな病気です
・腰椎椎間板ヘルニアとは
・おもな症状は腰椎と脚の痛み、しびれです
・椎間板の状態によって4つのタイプに分類されます
etc・・・

第2章 これが基本となる正しい治療です
保存療法の治療計画
保存療法はこのように進められます
手術療法の治療計画
手術療法はこのように進められます
治療に用いられる薬についてよく知っておきましょう
・非ステロイド性消炎鎮痛薬は傷み止めです
・外用薬で痛みをやわらげます
・筋弛緩剤薬は筋肉のこわばりをとります
etc・・・

第3章 診断はこのように行われます
腰部脊柱管狭窄症はこんな病気です
・腰部脊柱管狭窄症とは
・休み休みでないと歩けない「間欠●行」が特徴です
・進行すると、脚の筋力低下や、排尿・排便の障害などが起こります
etc・・・

第4章 これが基本となる正しい治療です
保存療法の治療計画
保存療法はこのように進められます
手術療法の治療計画
手術療法はこのように進められます
治療に用いられる薬についてよく知っておきいましょう
・非ステロイド性消炎鎮痛薬は痛みを抑える薬です
・外用薬の併用で痛みをやわらげます
・プロスタグランジンE1誘導体製剤は血液の循環を改善します
etc・・・

第5章 再発予防と生活するうえで気をつけたいこと
脚腰に痛みが出たら、早めに受診しましょう
・いったん治っても、再発することがあります
筋力を保つことが予防につながります
・腰への負担が大きい姿勢や動作は避けましょう
・肥満の予防が大切です
・精神的ストレスが痛みにつながることがあります
etc・・・

第6章 病気に対する正しい知識
常に負担のかかる腰椎は、障害を受けやすい部位です
・背骨は椎骨が積み重なってできています
・椎間板は背骨の関節として働き、衝撃吸収のクッションの役割ももっています
・脊柱管は神経の通り道です
腰椎椎間板ヘルニアの原因は椎間板の老化です
・椎間板も年齢とともに老化します
・痛みやしびれなどの症状が現れると、腰椎椎間板ヘルニアと診断されます
・腰椎椎間板ヘルニアがおこりやすいのは、第4腰椎と第5腰椎の間です
etc・・・

第7章 これだけは聞いておきたい治療のポイントQ&A
Q.腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰とは違うのですか。
Q.20歳代でも腰椎椎間板ヘルニアになりますか。
Q.坐骨神経痛といわれましたが、これはどんな病気ですか。
etc・・・

脊椎脊髄病の専門医のいるおもな施設リスト


------------------------------

< 脊柱管狭窄症(書籍,資料)>
http://www.amazon.co.jp/gp/search?ie=UTF8&keywords=%E8%84%8A%E6%9F%B1%E7%AE%A1%E7%8B%AD%E7%AA%84%E7%97%87&tag=heartlinks-22&index=books&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211


突然歩けなくなる脊柱管狭窄症
痛む、しびれる!脊柱管狭窄症はこれで楽になる!
9割の腰痛は自分で治せる
坐骨神経痛は手術なしで治る! 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の痛みやしびれも消失
腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン
坐骨神経痛―診断と治療の最前線 自ら痛みを改善する方法
腰の激痛が消える! 革命的療法!! マッケンジー体操




------------------------------

(*)「治療と予防」
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

脊柱管狭窄症に関連するキーワード
脊柱管狭窄症 名医
脊柱管狭窄症 症状
脊柱管狭窄症 手術
脊柱管狭窄症 リハビリ
脊柱管狭窄症 治療
脊柱管狭窄症 病院
脊柱管狭窄症 原因
頸部脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症 専門医

------------------------------

(*)「注目の話題」
http://googletopic.seesaa.net/

<訳ありランキング>
検索サービスなら、Yahoo!(ヤフー)です。
無料動画なら、YouTube(ユーチューブ)です。
通販やお取り寄せなら、Amazon(アマゾン)です。
ソーシャルメディアなら、mixi(ミクシィ)です。
交流するなら、Facebook(フェイスブック)です。
ショッピング(通信販売)や旅行なら、楽天です。
検索や無料画像なら、Google(グーグル)です。
面白い動画やムービーなら、ニコニコ動画です。
掲示板やBBSなら、2ちゃんねる(2ch)です。
ゲームやチャットやブログなら、アメーバピグです。
値段の比較やクチコミ情報なら、価格.comです。
動画やDVDやBlu-ray(ブルーレイ)なら、DMM.comです。
音楽配信ダウンロードや電子書籍なら、iTunesです。
情報発信や、つぶやくなら、Twitter(ツイッター)です。
意味を調べるなら、Wikipedia(ウィキペディア)です。
その他、スケジュール、日程、アクセスなど。


------------------------------

(*)病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板
http://makingsense.sakura.ne.jp/cgi-bin/disease/patio.cgi


------------------------------


[1326824209-1.jpg]
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) ( No.1 )
日時: 2012/01/18 03:37
名前: 脊柱管狭窄症 掲示板

美しく老いるために「腰痛外来」という選択(神奈川県麻生区 タウンニュース)
ttp://www.townnews.co.jp/0205/2012/01/06/130692.html

『内田 毅クリニック』の内田院長に加齢に伴う腰や関節の痛みについて取材を行った。

 ――腰痛外来をおこなっていると、『歩いていると腰が曲がってくる』『痛くて5分以上立ったり、歩くことができない』と症状を訴える方が多くいらっしゃいます。脊椎や関節の機能障害は加齢とともに誰もが経験しますが、「年だから仕方ない」と諦めている人も多いようです。「美しく老いる」ためには背筋を伸ばすだけでなく、「改善したい」という前向きな姿勢が大切です。

 例えば、脊柱管が神経を圧迫し、腰痛や痺れを引き起こす「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」の方でも、症状や生活への影響は人により異なります。早期の場合、全身の運動療法などによりバランスの良い姿勢を維持し、痛みを緩和することが可能です。症状が進行していても、適切な診断と症状に合わせた対処で、改善は十分に期待できます。それでも効果が得られない場合、手術治療を行う場合もあります。

 治療には諦めずに自分の力で体の機能を改善する意志が大切です。現在の病態を正確に把握し、正しい知識と適切な治療を継続していきましょう。

 「美しく、より楽しい老後を送る」ために、まずは専門医にご相談下さい。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧