このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
デイヴィッド ピース (David Peace)「占領都市」は、帝銀事件の虚実を描く文学作品。
日時: 2012/10/17 07:30
名前: 帝銀事件と占領都市

(*) 「占領都市」
http://amzn.to/OFSJBO
1948年冬の大量毒殺事件を生んだ占領下東京の黒い霧を、ノワールの旗手が鬼気迫る筆で暴きだす。狂気渦巻く漆黒の現代文学、誕生

著者:デイヴィッド ピース (David Peace)

1948年冬の大量毒殺事件を生んだ占領下東京の黒い霧を、ノワールの旗手が鬼気迫る筆で暴きだす。狂気渦巻く漆黒の現代文学、誕生


<内容、あらすじ>
1948年1月26日。雪の残る寒い午後。帝国銀行椎名町支店に白衣の男が現われた。男が言葉巧みに行員たちに飲ませたのは猛毒の青酸化合物。12人が死亡、四人が生き残り、銀行からは小切手と現金が消えた。悪名高い“帝銀事件”である。苦悶する犠牲者たちのうめき、犯人の残した唯一の物証を追う刑事のあえぎ、生き残った若い娘の苦悩、毒殺犯と旧陸軍のつながりを知った刑事の絶望、禁じられた研究を行なっていた陸軍七三一部隊の深層を暴こうとするアメリカとソヴィエトそれぞれの調査官を見舞う恐怖、大陸で培養した忌まわしい記憶と狂気を抱えた殺人者。史上最悪の大量殺人事件をめぐる12の語りと12の物語―暗黒小説の鬼才が芥川龍之介の「薮の中」にオマージュを捧げ、己の文学的記憶を総動員して紡ぎ出す、毒と陰謀の黒いタペストリー。

------------------------------

(*) 帝銀事件 - Wikipedia
帝銀事件(ていぎんじけん)とは、1948年(昭和23年)1月26日に東京都豊島区の帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行)椎名町支店で発生した毒物殺人事件。
戦後の混乱期、GHQの占領下で起きた事件であり、未だに多くの謎が解明されていない。


(*) 平沢貞通 - Wikipedia
平沢 貞通(ひらさわ さだみち、1892年(明治25年)2月18日 - 1987年(昭和62年)5月10日)は、日本のテンペラ画家。
戦後の混乱期に発生した大量毒殺事件である帝銀事件の犯人として逮捕され、死刑が確定する。だが刑の執行も釈放もされないまま、逮捕から死までの39年間を獄中で過ごした。


(*) 帝銀事件ホームページ(平沢貞通氏を救う会)
http://www.gasho.net/teigin-case/


(*) 帝銀事件に関連した書籍、小説
http://amzn.to/OFTOto
・小説帝銀事件 松本清張
・秘録 帝銀事件 森川哲郎


(*) 米軍製作ドキュメンタリー 動画
http://www.dmm.com/digital/video/-/list/=/article=series/id=53328/photogallery-001




------------------------------

(*) 帝銀事件の虚実描く長大な詩
ttp://book.asahi.com/reviews/reviewer/2012101500008.html
[評者]保阪 正康(ノンフィクション作家) 

 奇妙な小説である。いや特異なノンフィクションだ。いやいや長大な詩というべきかもしれない。
 占領下の1948年1月に起こった帝銀事件。松本清張の小説などでよく知られているこの事件を、イギリス人作家がまったく新しい表現形式で虚実を交えて書きおろした作品である。著者は当時の東京が魔界のような空間だったとの視点で、多様な形容詞を用いて表現する。虚構の都市、邪宗の都市……こうした形容詞が実は、帝銀事件の背後に垣間見えるというのがモチーフとなっている。
 著者は「単一の人物による単一の語りでは絶対に捉(とら)えられない」との思いから、この事件を12人の目を通して描いていく。厚生省技官と称する男に毒薬を飲まされるものの死なずにすんだ女性行員、事件を追う新聞記者、2人の刑事、正体不明の政治屋、探偵、さらに米ソの医師や検察官僚、事件の死者、その家族、犯人とされた平沢貞通、そして真犯人とおぼしき人物などの独白や心情吐露が独特の言い回しで語られるのだ。
 著者の意図は読み進むうちにしだいに明確になる。10人目に語られる平沢の独白は、彼自身がその生涯をなぞり、刑事に責められて偽りの証言をする心情を明かす。「わたしは帝銀事件に関しては無実だが、他にあまりに多くの罪がある」と言わせ、私生活で家族に迷惑をかけた罪を挙げる。しかし著者は七三一部隊の石井四郎とその研究班の罪禍を冷静に問い続け、その細部を知り、医師として罪の意識を持つアメリカ人将校の書簡を紹介しつつ、ソ連の検察官の複雑な心境とその立場も意外なストーリーで語る。
 11人目に登場する石井部隊の衛生兵は中国で帝銀事件の状況と同様に特務機関の命じるまま赤痢の予防と称し薬を住民に飲ませている。戦後の彼の寒々とした心象風景とその死の姿。この事件の底深さに気づかされ愕然(がくぜん)となる。

------------------------------

< デイヴィッド ピース(書籍,著書,資料)>
http://amzn.to/OFSJBO

・TOKYO YEAR ZERO デイヴィッド ピース
・占領都市 TOKYO YEAR ZERO II デイヴィッドピース(David Peace)


------------------------------

(*)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/

------------------------------



http://amzn.to/OFSJBO
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧