このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
相手を怒らせない話し方
日時: 2014/08/06 13:49
名前: 相手を怒らせない話し方

(*)相手を怒らせない話し方と伝え方
http://wp.me/p4NgWA-u


上手な話し方のコツを覚えれば、

もっと、自分の気持ちをストレートに伝えられるようになり、

もっと、会社やプライベートの人間関係がよくなります。

たとえば、こんな話し方で、

相手の受け止め方はグンとよくなります。

・口ゲンカになりそうなときは「ごもっともです」と相手の怒りを和らげる。

・言い訳するときは「話しづらいことなんだけど…」と前置きする。

・借金を頼まれたら「友情を失いたくないから…」と断る。

・迷惑していることを伝えるときは「〜〜してもらえると助かる」と話す。

・人にものを頼むときは「あなただからこそ」と自尊心に訴える。

・返却を催促するときは「貸したものは役に立った?」と聞く。

・イヤミな言葉で非難されたら「勉強になりました」と答える。

・落ち込んでいる人を励ますときは「私も同じ経験がある」と慰める。

・相手の性格を変えるには「あなたのことが好き」と愛情を示す。

・別れ際の挨拶には「また会いたい」という気持ちを込める。

------------------------------


相手から嫌われることのない、自己主張の仕方
・「みんな、そう言ってるよ」は、相手に心理的圧力をかけてしまう
・正当な権利を主張する時も、「身勝手を言って申し訳ない」と切り出す
・「冷静になれ」ではなく、「お互いに冷静になろう」と話す

自分の気持ちを上手に伝える時の話し方
・「私はこうしている」という話し方でアドバイスする
・「あなたが悪い」ではなく、「悪いのは私かもしれないけど」と話す
・親切心からすることでも、「よろしかったら」と断ってからやる

相手に失礼にならない、社交辞令の言い方
・「マイペ-スですね」ではなく、「物事に動じない人ですね」がいい
・「色気がある」と女性をほめると、セクハラだと思われる
・嫉妬や妬みを捨てて、心からほめるのがいい

相手と口ゲンカにならずに済む、反論の仕方
・まず相手の意見を受け入れてから反論する
・反論したい点を、「その点は非常に重要」と強調する
・「ごもっともです」と言って、怒っている相手の心を和らげる

相手を感情的に怒らせない、言い訳の仕方
・「お詫びしてから、言い訳する」という話の順番を間違えない
・「申し開きはできない」と言いながら、長々と言い訳しない
・「やっちゃいました!」では、お詫びの言葉にはならないと知っておく

相手と気まずい関係にならない、断り方
・「できません」よりも、「お役に立てずに、ごめんね」がいい
・「時間的」「能力的」「物理的」の三つの事情で断る
・「今回は」か「今回以降も」かを区別した断り方をする

相手のプライドを傷つけない、否認の方法
・「迷惑している」ではなく、「○○してもらえると助かる」と話す
・「できない」ではなく「困りました」と言ってみる
・相手のプライドを傷つけない話し方で、相手の勘違いを指摘する

相手を不愉快な気持ちにさせない、ものの頼み方
・「あなたでいいや」ではなく、「あなただからこそ」と訴える
・「していいかな?」という話し方で、自分の都合を主張する
・難しいお願い事は、「無理を承知でまいりました」と話す

相手にそっぽを向かれないための、話しかけ方
・話しかける時は、「今、話せますか?」と聞いてからのほうがいい
・自分の用件で人に会う時には、「時間を取らせて申し訳ない」と切り出す
・忙しくしている人には「大事な話がある」とはっきり伝える

みんなをシラケさせない、話の盛り上げ方
・自慢話にならないように、自慢話をするコツとは?
・「だから言ったじゃないか」は、慰めの言葉にはならない
・つまらないと思うことを、正直に「つまらない」と言わない



http://wikibbs.exblog.jp/22440256/

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧