このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
ビフィズス菌は、善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきました。ビフィズス菌サプリ お取り寄せ通販
日時: 2012/05/08 05:06
名前: ビフィズス菌サプリ お取り寄せ通販

(*)ビフィズス菌 - Wikipedia
ビフィズス菌とはグラム陽性の偏性嫌気性桿菌の一種で、放線菌綱属に属する細菌の総称。
糖を分解して乳酸、酢酸を作るヘテロ乳酸菌の仲間でもある。善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきた。


------------------------------
(*) 腸内環境と素肌の深い関係…改めて注目されるビフィズス菌
ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0423

 美容を目的した腸内環境改善の「腸内美活」を進める腸内美活委員会のアンケートで、30−40代の女性7割が「すっぴんに自信なし」、9割が「腸に悩みあり」と考えていることが分かった。腸内環境と素肌の「深い関係」を認識する人が多いが、実際に「腸内美活」をしている人は11.2%と少数派だ。腸内環境学や微生物分類学の専門家である独立行政法人理化学研究所イノベーション推進センターの辨野義己(べんのよしみ)先生(特別研究員、農学博士)によると、ビフィズス菌が多い「よい腸内環境」が美肌にとっても健康全体にとっても鍵(かぎ)になるという。

  「老けた」、「ブルドッグ」、「だれか分からない」――。回答者の4人に1人(24.4%)が素顔に対するひと言で傷ついた経験がある。しかも、ひどい暴言を吐くのは「夫」(17.2%)が一番多い。自分を最もよく知っている男性からの「ひと言」だけに、心の傷ははかりしれない。全体の67.4%が、素顔に「自信なし」と答えた。素肌についての女性の悩みは尽きることがない。

  一方で、回答者の37.4%が自分の腸内年齢の「老化」を自覚。平均で実年齢よりも「12.7歳老けている」と認識していた。さらに腸内環境学の第一人者である辨野先生の腸内年齢チェックシートで判断したところ、「腸老化組」は58.8%と、自己イメージによる“腸内老化の自覚組”よりもさらに多い。

  腸は体が外界と物質をやりとりする基本的な器官だ。内臓ではあるが、体の「表玄関」と言ってもよい。腸内の状態のよしあしは、健康に直結する。そして、素肌の美しさは体全体の状態を反映する。

  腸内美活委員会のアンケートで、回答者の85.0%が、「素肌のきれいさは腸の調子を反映する」と考えていることが分かった。ただし、美容のために腸内ケアを行う“腸内美活”派は11.2%と、少数派だった。

  少数派ではあるが“腸内美活”派が、さまざまなメリットを実感していることも分かった。「ダイエット」(46.3%)、「美肌」(37.0%)、「ストレス対策」(37.0%)など、さまざまな“プラス・アルファ”が挙げられた。

  辨野先生によると、よい腸内環境とはすなわち、「悪玉菌が少なくて善玉菌であるビフィズス菌が多い環境」だ。「ビフィズス菌って、乳酸菌の1種じゃないの?」と思っている人も多いが、分類学的には異なる細菌で、ビフィズス菌は酸素がほとんどない大腸内の環境を好むという。大腸内には600兆以上の細菌が住んでいるが、いわゆる「悪玉菌」が作る有害物質は体内に取り込まれてしまい、血管を通じて全身に回るため、免疫低下、免疫不全、肥満、糖尿病、認知症、アルツハイマーなどさまざまな病気の原因になると考えられている。

  外から摂取したビフィズス菌は体内に定着しないが、体内にもともといるビフィズス菌を活性化する働きがある。逆に、ビフィズス菌を摂取しないと、体内にいるビフィズス菌の活性も弱くなる。つまり、ビフィズス菌が入った乳製品などを毎日摂取することが大切だ。

  辨野先生は腸内を健康に保つための、「よいうんちを作る力」、「よいうんちを育てる力」、「よいうんちを出す力」を強調する。「よいうんちを作る力」をつけるには、野菜、豆類や根菜類、海藻などに多く含まれる食物繊維(せんい)の摂取を心がける。そして、ビフィズス菌をしっかり摂取することが「よいうんちを育てる力」につながる。辨野先生はさらに、「よいうんちを出す力」をつけるための「腸トレ体操」の提唱と普及にも力を入れている。

  辨野先生によると調査の結果、腸年齢が若い人は肌トラブルが少なく、腸年齢が老化している人ほど、肌の黒ずみや乾燥、毛穴の開きやニキビ・吹き出物など肌の悩みが多いという傾向が確認できたという。

  さらに、赤ちゃんはお母さんの腸内環境をそのまま引き継ぐ。つまり、お母さんの腸内環境がよくないと、子どもにもよくない腸内環境を引き渡してしまう。

  腸内環境は薬でなく食べ物でコントロールできる。自分自身の美容や健康や子どもの健康をよりよい状態に保つためには、ビフィズス菌を含む乳製品などをしっかりと摂取するなど、日常的なちょっとした心がけが大切ということになる。


------------------------------




< ビフィズス菌サプリ お取り寄せ通販>
http://www.amazon.co.jp/gp/search?ie=UTF8&keywords=%E3%83%93%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%82%B9%E8%8F%8C&tag=heartlinks-22&index=hpc&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211

明治乳業 おなか活力タブレット
森下仁丹 ビフィーナS
ビフィズス30億
新ビオフェルミンS錠
メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧